トップニュース

小川・諏訪神社のシダレザクラ八分咲きに 新型コロナでライトアップは中止

2020年03月28日(土)更新

最終更新:3月28日午後5時37分


小川郷総鎮守の諏訪神社(小川町塩田、白土陽朗宮司)境内で28日、市指定天然記念物「諏訪神社のシダレザクラ」が八分咲きとなっている。今年は全国的に桜の開花が早まっており、シダレザクラも例年より早く満開に近づいている。


シダレサクラは樹齢500年以上とされ、樹高11・5メートル、幹回り3・6メートルの巨木。毎年咲き誇る時期に「しだれ桜まつり」と称し、ライトアップイベントなどが催されている。ただ今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月に開催予定のイベントが全て中止になったほか、境内での桜茶、甘酒、饅頭(まんじゅう)の販売も見送られた。


それでも多くの市民らが、美しい姿を一目見ようと足を運んでおり、訪れた人からは「この社会情勢で団子などが売られないのは残念だが、桜は変わらずきれいだった」といった声が聞かれた。


写真は、諏訪神社境内に咲くシダレザクラ=28日(クリックで拡大)

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスの感染拡大で言い知れぬ不安にさいなまれる毎日だ▼そんな中で30日からいよいよ本県を舞台に、作曲家古関裕而をモデルにしたNHK連続テレビ小説『エール』がスタートする。本来なら7月から始まる予定だった東京五輪へ、文字通りエールを送るドラマだったのだが、その五輪の延期が決まり、いきなり<ハシゴをはずされた>格好となった▼ゆかりの地・福島市でも30日に開く予定だった「古関裕而メモリアルコンサート」が中止になった。本来なら桜の開花とあわせ、県都は<朝ドラ景気>で活気づくはずだったのに…▼平成25年度上期に放送された「あまちゃん」は東日本大震災から立ち上がろうとする被災者に笑顔と勇気を与えてくれた。同じ9月まで放送の「エール」は、感染が最も苦しくなるかもしれない時期に、われわれにどんなエールを送ってくれるだろう。まずは「高原列車は行く」でも口ずさんでみるか。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト