トップニュース

磐城高箸「眠り杉枕」海外販売 被災者の安眠支えた実績がシンガポールへ

2020年01月23日(木)更新

最終更新:1月23日午後3時7分


いわき産スギの間伐材を用いた高級割り箸(ばし)、鉛筆などの製造・販売を行う磐城高箸(本社・田人町南大平、高橋正行代表取締役)は、シンガポールの高級寝具ブランド「KOMME(コメ)」を展開する投資会社と、主力商品の一つで、震災被災者の安眠に役立ててほしいとの願いを込めて開発した枕「眠り杉枕」の海外独占販売契約を結んだ。


今春には同国での販売を開始。アジア各国、欧米への進出も予定されており、高橋代表は「田人の山奥から世界に打って出る。こんな痛快なことはないし、いわき、福島のイメージアップに繋(つな)げたい」と意気込んでいる。 眠り杉枕は、震災、原発事故後、仮設住宅で避難生活を続けてる被災者の現状を憂い、「眠れない夜を過ごす避難者に安眠を届けたい」との願いを込めて3年以上試行錯誤し、名古屋市の寝具メーカーの協力を得て商品化した自信作だ。


割り箸の製造過程で生まれる、強度不足の規格外品や端材を捨てずに活用。枕1個あたり約500膳分をチップ状に裁断して中袋に詰め込んでおり、安眠、リラックス効果のある杉の香りと、こだわりを込めたクッション性が高い評価を得、2017年度のグッドデザイン賞を受賞した。


高橋さんはブランド力の向上を目指す中で、いわき産学官ネットワーク協会のASEANグローバル技術連携交流事業を通じ、昨年2月にシンガポールを拠点とする投資会社JCSグループと初商談。物流産業、再生可能エネルギー、医療機器、航空宇宙産業など多様な事業を展開する投資グループで、事業の一環として世界進出を狙う高級寝具ブランド「KOMME」を立ち上げる中、高橋代表の熱意と眠り杉枕の質の高さが担当者の興味を引いた。


交渉は難航したが、ふくしま県産材競争力強化支援事業を活用し直接同国に赴くなどしてグループ会長の高評価を得、昨年12月に海外独占販売契約を締結。交渉中、原発事故の風評を感じることは一切なく、磐城高箸専属の担当者を置くほどの熱の入れようで、2月末には第1便となる50個を輸出することが決まった。


同グループでは3月にマレーシア、6月にカンボジアとインドネシア、12月に香港と中国、来年3月に米、独にブランド展開する予定で、各国でも眠り杉枕を販売するという。初年度は千個ほどの納品が見込まれており、同社では増産に向けて製造機械の新規導入なども視野に入れる。


いわき産木材の消費拡大にも期待がかかり、高橋代表は「邪魔者扱いされる杉に創意工夫を加えただけで、世界に出せることが証明できた。過疎地域に立地する企業が頑張ることで、起業や田舎で働きたいと考える若者に夢と希望を与えたいし、枕のキャッチコピーの『福島みんなの夢を詰め込んで』の通り、いわき、福島の魅力を世界に伝えたい」と意気込み、海外販路拡大の成功に向けて気を引き締めた。


写真は、海外進出が決まった眠り杉枕を持ち、意気込む高橋代表(クリックで拡大)

いわき市内ニュース

  • 23日の紙面から「水石山母子4人遺体発見 借金苦に無理心中か」など
  • <アーカイブ>過去の主な記事
  • いわき総合バスケ選手権 中学は男子・平一 女子・中央台南が優勝
  • いわきバスケ協会 中学生の猪狩さん(平一)と篠﨑さん(泉中)表彰
  • 2月9日に「豊間地区マラソン大会」 参加者募集中
  • 「クラフトのつどい」 2月16日に海浜自然の家で開催
  • 市観光物産センター 内郷コミセンで避難者にアンコウふるまう
  • 施設利用者らが制作のさきおり展示 2月7、8日・はまなす荘
  • 常磐の食品工場でぼや けが人なし

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

記録的な暖冬で日本中が騒がしい。特に各地のスキー場は開店休業の状態が続き、今シーズンの営業を見合わせるところまであるという。ここいわきでは一部ではあるが、別な意味で騒がしいこととなっている▼磐城高が春の選抜高校野球大会に21世紀枠の有力な候補として挙がっているからだ。夏に強い磐城と言われているだけに、春の大会にはあまり縁がなかった。前回出場したのは昭和49年で、今回選ばれれば実に46年ぶりの出場となる▼しかも前回出場した選抜大会は、第46回大会で、夏の大会で準優勝したのは昭和46年。単なる偶然でこじつけにすぎないが、「46」という数字に縁があるようにも思える▼勝たなければ、強くなければ甲子園に出場しても意味がないという人もいる。確かに勝負の世界、勝利にこだわるのは重要。ただ、高校野球は勝つという目標に向かっていく姿勢が大事で、その先に勝利がある。発表は明日の午後。吉報が届くのを祈っている。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト