トップニュース

全国高校7人制ラグビー県予選 磐城V、初の大舞台出場へ

2016年05月02日(月)更新
第3回全国高校7人制ラグビーフットボール大会県予選を兼ねた第5回ふくしまセブンス大会(県ラグビーフットボール協会主催、市ラグビーフットボール協会主管)が4月29日~5月1日まで、いわきグリーンフィールドで開かれ、高校生の部で磐城が優勝し、7人制では初の全国切符を手にした。磐城は7月、東京都の江戸川区陸上競技場などで開幕する全国大会へ出場する。

いわき市内ニュース

  • いわき民報C 市中学校春季サッカー大会 決勝は小名浜二―中央台南
  • ら・ら・ミュウ GWイベントがスタート
  • 熊本地震 水道、保健の市職員3人派遣
  • 久之浜・大久地区公共交通実証運行の開始式乗り合いタクシー 愛称は〝浜風ふれあい号〟
  • 4、5の両日、アリオス 磐城高吹奏楽部の第27回定期演奏会
  • 7~11日ラトブ6階いわき産業創造館で 京都老舗逸品展を開催
  • 泉鎮座鹿島神社 例大祭御神輿渡御の先頭 あす本番に向けての笛練習励む
  • 泉町の諏訪八幡神社例大祭 5日本祭 地区内、神輿練り歩く
  • あすから小名浜鹿島神社の例大祭 東北最大級の〝勝運太鼓〟登場

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

いわき市は先週、27年の市内の観光交流人口を発表した。震災後は24年以降700万人台で推移してきたが、今回は808万人超となった▼理由に、新舞子ハイツヘルスプールや市立美術館の利用再開などが挙がる中、いわきサンシャインマラソンも大きく寄与したとされていた。同大会の盛り上がりようは、多くの市民が共感するところだろう。ランナーのウェブサイトでも高評価を得て本年の大会は現在、全国3位を誇っている。「年々よくなる大会」といったコメントも見られ、今後も交流人口増への貢献が期待できる▼先週末、原発事故からの住民帰還を進めている川内村で「初のハーフマラソン実施」の報に触れた。大会名は「第1回川内の郷かえるマラソン~復興から創生への折り返し」―村の願いが伝わってきた。全国から約1200人のランナーが参加したそうだ。こちらも、いわきのごとく、多くの人々に愛され村の再生に結び付く大会になってほしいと願う。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト