トップニュース

マリンタワーと白雪の富士山 撮影に成功 山田町の空撮家・酒井さん/台風19号・大雨関連情報

2019年12月07日(土)更新

最終更新:12月7日午後3時46分


モーターパラグライダーに乗って、上空から変わりゆくいわき市の姿を撮影している空撮家酒井英治さん(55)=同市山田町大津=が、いわきマリンタワーからいわきの海岸線、阿武隈の山並み越しに、雪をかぶった富士山の撮影に成功した。


酒井さんは空撮歴25年のベテラン。これまでDVD「かもめの視線」3シリーズや、「東日本大震災 いわき沿岸津波被害の記録」などを世に出しているが、5年前から、今まで誰も成し遂げていない、いわきの上空から海岸線越しに富士山の姿をカメラにおさめることに挑戦してきた。


いわきから富士山までは直線距離で250キロほど。その間には広い関東平野や首都圏の都市部、多摩・丹沢の山々などがあり、これに複雑な気象条件などが絡んで遠望は難しいが、阿武隈高地の北部には遠望北限(約300キロ)の山があり、市境にある三株山や朝日山からも、富士山頂の撮影に成功した例はある。


平成28年の大みそか、酒井さんは泉町下川の照島上空から初めて、海越しの富士山を撮影することに成功したが、あくまでも塩屋埼灯台と並ぶ、いわきの海のランドマークである「いわきマリンタワーといわきの海を入れた富士山の写真を撮影する」ことを最終目標にしていた。


酒井さんはコンピューターやGPSを使って、空撮位置をシミュレーションし、三株山に設置された富士山ライブカメラや福島海上保安部のホームページで、いわき沖の気象条件を確認しながら何度か撮影飛行を試みた。


そして撮影の条件がそろったものの、この冬一番の寒波に見舞われた11月29日、薄磯海岸から離陸し、午前9時すぎ、中之作港上空928メートルから、いわきマリンタワーと海岸線を入れた268キロ先の富士山の撮影に成功した。


生身の体をさらしながら寒さと闘い、フライトは約20分が限界。「エンジンの不調と予想以上に強い北西からの風で海側に流されたが、目標を掲げて5年、前回の富士山撮影から3年越しでようやく夢を果たせた」と喜ぶ。


カメラが趣味で、都心から撮影した富士山の写真が特選を受賞したことがある小名浜生まれの父親、実家が富士山を見上げる山梨県大月市の母親をもつ酒井さんならではの快挙だった。


写真は、いわきマリンタワーと小名浜港越しの富士山。富士山は左上(クリックで拡大)


富士山部分の拡大は以下の通り。(同)



■台風19号・大雨関連情報


1.被災者支援や罹災(りさい)証明など


2.水害ごみの取り扱いについて


3.買い物バスと物品貸し出しに関して


4.ボランティア、義援金とふるさと納税による支援


5.生活再建に当たっての各種情報


6.被災事業者に対する市独自の制度等


7.被災者やボランティア向けの無料入浴


8.浸水区域図(市資料より、PDF)


台風19号 夏井川水系(7・4MB) 鮫川水系(9・3MB)


10月25日の大雨(9・6MB)

いわき市内ニュース

  • 7日の紙面から「平下平窪で炊き出しの善意」など
  • <アーカイブ>過去記事はこちらから
  • シルバーフェアきょう開幕 高齢者の力作一堂に 12日まで・ラトブ6階
  • 遠野和紙について学ぶ トロロアオイ収穫など 上遠野中1年生
  • 勿来消防署・クレハ連携で「発泡訓練」2年ぶりに実施
  • 50回目の「いわき市民クリスマス」 14日・パレスいわや
  • 第3回新そばまつり開かれる 800食振る舞われる
  • いわき志塾 中学生が地元の未来考える いわきスポーツクラブスタッフら講師
  • なこそ幼稚園でもちつき大会 お雑煮ほおばる子どもたち

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

各地の城下町には江戸時代、そこにどんな人が住んでいたのか彷彿とさせる住所が残っている▼磐城平藩の城下町だったJRいわき駅周辺の平中心市街地にも、鷹匠町、仲間町、紺屋町、研町、鍛冶町、材木町といった職業の町名がある。そこには殿様の鷹狩りで使う鷹を調教する鷹匠や〝紺屋の白袴〟のことわざもある染物師、お侍さんの雑用を賄う仲間(中間)や材木商人がいた▼平字鍛冶町の水天宮が祭られている一角に「刀匠 根本和泉守藤原国虎 鍛錬祈願之碑」と刻まれた石碑が立っている。国虎は高名な刀匠――刀鍛冶で、万治元(1658)年に平で生まれ、著名な大阪の刀鍛冶井上真改のもとで修業したともいわれ、磐城平藩では内藤家お抱えの刀工として活躍した▼その国虎の刀を、あすまで県立博物館で開催中のテーマ展「武の美」会場で初めて見た。いわきではなぜか公立の施設で刀剣展を開かない。市重文の刀も実際に見られない。どうしてだろう。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト