トップニュース

不要不急の外出など自粛を

2021年07月31日(土)更新
県と本市を含む中核市3市が発信した共同メッセージ
読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。

 

新型コロナウイルス感染症の感染が急拡大していることを受け、接待を伴う飲食店や酒類を提供する飲食店に対し、午後8時以降の営業自粛と酒類の提供を同7時までにするよう求める感染症集中対策が、きょう31日から始まった=関連記事は11面。実施期間は8月23日までとなり、本市を含む中核市3市の市長は30日午後、内堀知事とともに強い危機感を示すことで対策の徹底を図るため、共同メッセージを発信した。市によると、23日から1週間の陽性患者数は118人を数え、25日以降は連日2桁で推移。人口10万人当たりの新規陽性者数(1週間)は「ステージ4」の指標となる25人を10人も上回り、病床使用率も30日現在で前日から約1・5%増の約66%と、政府の対策分科会が示す最も深刻な「ステージ4」の指標50%を大きく超える厳しい事態となっている。  福島、いわき両市では飲食店などでクラスター(感染者集団)が相次いで発生。病床使用率についても県北地区は約70%、県中地区も約60%とひっ迫し、さらに猛威を振るう変異型のデルタ株「L452R」が確認されるなど、今後さらなる拡大が予想されることから、県では26日から感染症集中対策が行われている郡山市を含め、人流の多い中核市の集中対策が封じ込めにつながると判断。強い危機感と対策の徹底に向け、共同メッセージを発信した。

 

詳細や続きは2021年07月31日号に掲載↓
詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。
新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。
過去記事アーカイブ(2021年2月14日まで)。

【本社移転のお知らせ】
この度、弊社は2021年6月21日(月)より、下記住所に移転を行うこととなりました。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
■移転先住所■
福島県いわき市平字小太郎町2-7 いわきビル(地図検索は「いわきビル」で)
※電話番号、ファックスの変更はございません。
略図
詳細な地図(グーグルマップ)は右側

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

東京五輪の全14階級で金9・銀1・銅1のメダルを獲得した日本柔道。お家芸の面目を保ったが、それ以上に印象に残ったのが、優勝しても愚直なまでに畳の上では喜びを表に出さない選手たちの姿だった▼特に、五輪男子73㌔級で連覇を果たした大野将平にはサムライの趣さえ感じる。今大会も勝った瞬間、グイッと歯を食いしばっただけ。大きく息を吐いて聖地・日本武道館の天井を見つめ、怒ったような表情が笑顔になったのは畳を下りてコーチと抱き合ったときだった▼「うれしいなら素直に喜べばいいのに」という声もある。しかしそれがスポーツと一線を画す武道というものだ。最近は全身で喜びを表す日本人選手も多くなったが▼大相撲の最高位にいる白鵬の不幸は、この武道精神を最後まで身につけられなかったことで画竜点睛を欠いたことだ。民族性の違いよりも、日本人の親方や協会が入門時に叩き込まなかったことが悔やまれる。強さだけでないのだ。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト