トップニュース

綾瀬はるかさん 湯本高サプライズ訪問 聖火ランナー激励

2020年02月18日(火)更新

最終更新:2月18日午後3時12分


女優の綾瀬はるかさん(34)が17日、常磐上湯長谷町の湯本高を訪問し、2020年東京五輪の聖火リレーのランナーで、フラダンス部の佐藤暖日(はるひ)さん(17)=2年=をサプライズで激励した。NHK大河ドラマ「八重の桜」や、TBSドラマ「義母と娘のブルース」など、多くの作品に主演する綾瀬さんは、東京五輪スポンサー企業「日本コカ・コーラ」のブランド代表として、自らも聖火リレーのランナーに決定しており、佐藤さんに「楽しんで走り抜けてほしい」とエールを送った。


サプライズによる激励は日本コカ・コーラが企画し、約480人の生徒と交流した。生徒は何も知らされておらず、綾瀬さんが体育館に登場すると、割れんばかりの歓声が上がった。綾瀬さんはフラダンス部「ヴェリナ・マハロ」のメンバーと一緒に、沿道での応援ポーズを考え、部員と一緒に踊りのしぐさを披露したほか、直筆メッセージが入った横断幕を掲げ、生徒全員と記念撮影に臨んだ。帰り際にはハイタッチにも応じ、生徒にとって忘れらない一日となった。


イベント終了後、綾瀬さんは「あたたかく迎え入れてもらい、私が元気をもらった。佐藤さんには、福島の代表をかみしめてほしい」と話し、佐藤さんは「多くの人に支えられていると実感した。綾瀬さんの思いも胸に、本番は頑張りたい」と誓った。


聖火リレーは3月26日、Jヴィレッジ(楢葉、広野町)をスタートし、3日間をかけて県内26市町村を回り、佐藤さんは初日の26日を担当する。またフラダンス部「ヴェリナ・マハロ」も同日、初日の聖火の終点となる南相馬市で、到着を祝う式典・セレブレーションに出演する。


写真は、湯本高の生徒と一緒に記念撮影に臨む綾瀬さん=17日夕方(クリックで拡大)

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

地球温暖化の影響なのか、今年は全国で記録的な暖冬と言われる▼先日、弊社主催のバスツアーに添乗し、会津鶴ケ城、大内宿を巡ってきた。豪雪地帯として有名な会津地方だが、暖冬で雪の量も少なく、地元の人も驚くほど。それでも大内宿のわらぶき屋根に積もった雪を見ると、温暖ないわきで暮らす身にとっては、身震いする▼ただ、寒さが厳しければ春の訪れが待ち遠しいものだ。市内では既に梅の花が咲き、春の到来を告げる福寿草などの情報が寄せられている。春が近づくのはうれしいが、同時に厄介なものまでついてくるのは困りもの。花粉だ。本県の今年の飛散量は例年と比べて少ないと言われるが、花粉症に苦しむ人にとっては慰め程度にしかならないのでは▼市内でも花粉が飛び始めている。対策としてはまずは花粉を入れないことだ。マスク、メガネを着用し、外出後は洗顔、うがいをして鼻もかむ。5月ごろまで続くだけに、ご自愛のほどを。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト