トップニュース

ハワイアンズ 昼のショー 3年ぶりリニューアル 〝ピリカラニ~ようこそ楽園へ~〟

2019年08月22日(木)更新
常磐藤原町のスパリゾートハワイアンズは9月1日から、昼のポリネシアンショーを3年ぶりに全面リニューアルする。新しいショーのタイトルは「ピリカラニ~ようこそ楽園へ~」。ピリカラニはハワイ語で「天国と一緒」を意味している。

今年はダンシングチーム(フラガール)を養成する「常磐音楽舞踊学院」が開校55周年の節目でもあり、2020年東京五輪による訪日外国人(インバウンド)を見据え、燦々(さんさん)と太陽の光が降り注ぐ中、フラガールらがはじける笑顔で、明るく元気に迎え入れるイメージを持っている。

ハワイアンズを運営する常磐興産が21日、新たなショーの概要を明らかにした。常磐興産によると、新ショーでは「花」と「海」をテーマに楽曲を選定した。南国ムード満載の舞台演出も実現し、いままで以上に色彩が美しいステージとなっているという。未公開の新曲がめじろ押しで、バンドメンバーとフラガールらの息の合った舞台を楽しんでほしいとしている。

時間は毎日午後1時半から(約50分)。場所はハワイアンズ内のビーチシアター。新ショーに関する詳細は、ホームページhttps://www.hawaiians.co.jp/を参照すればよい。

いわき市内ニュース

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

2年前、東名高速道路上で、あおり運転されたうえに停止させられ、結果、後続車に追突され、何の罪もない家族が犠牲になった事件は記憶に新しい▼取り締まりも強化されてきてはいるものの、一向に減る気配がないあおり運転。先日も大惨事にはならなかったが、高速道路上で停止させられ、暴力を振るわれる事件があった。その状況はドライブレコーダーによって明らかになり、早期解決につながった▼容疑者確保状況はニュースで流れたが、「きっかけは相手側にある」的な容疑者の発言が気になった。きっかけは何にしろ、断じて許されるものではない。自己中心的な言い訳にすぎない。ただ、無意識のうちにあおり運転をしてしまう危険もあるのではないか▼制限速度を下回る速度で走る車が前にいたら、車間が詰まってしまうかもしれない。それをあおり運転とされては気の毒な気もする。同様な事件が増加傾向にある。明確な定義、法整備が急務だろう。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト