トップニュース

金栗杯の伝統と感動再び 来年1月24日「第1回勿来地区駅伝大会」開催へ

2020年11月26日(木)更新

過去のトップニュースなどは<こちら>。


読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。


最終更新:11月26日午後6時40分


勿来地区体育協会(阿部広会長)は来年1月24日、錦町のいわき南の森スポーツパークを会場にした「第1回勿来地区駅伝大会」を開催する。日本マラソンの父・金栗四三の名を冠し、震災直前の第54回大会をもって休止となった「勿来の関マラソン大会」の伝統を引き継ぐ駅伝大会で、コロナ禍でスポーツ大会の中止が相次ぐ中、子どもをはじめ、市民に運動の機会を与えようと企画された。同協会は12月24日まで、参加チームを募集している。


勿来の関マラソン大会は、金栗四三氏と、旧勿来市教育長を務めた阿部忠次郎氏との交友が縁で昭和33年に始まった。大会には毎回、金栗の愛弟子で、今年4月に亡くなったボストンマラソン優勝経験者の山田敬三さんが出場。シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さん、新旧“山の神”の今井正人選手、柏原竜二さんも参加するなど、「いわきサンシャインマラソン」が始まるまでの半世紀、いわきのマラソン熱を支える重要な大会だった。


新たな大会は市、市教委、いわき民報社など後援。南部スタジアム内をスタート・ゴールとする南の森スポーツパーク施設周回コースで、14人が総距離13・2キロでたすきをつなぐ「小学生男子の部」(1人940メートル)と「同女子の部」(同)、総距離15キロを8人でつなぐ「中学・高校・一般男子の部」(1人1・88キロ)と「同女子の部」(同)の4部門が設けられる。


学校やクラブ活動、家族・親戚、会社、隣組など出場単位は問わず、阿部会長は「新型コロナで世の中は大変だが、感染症対策を徹底する。勿来地区の伝統を引き継ぐ大会として、ぜひ仲間を誘って参加してほしい」と多くの参加を呼びかけている。要項や参加申込書は、市体育協会のホームページ<こちら>からダウンロードできる。


画像は、第1回勿来地区駅伝大会のポスター(クリックで拡大)


詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。<クリック!


新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。

いわき市内ニュース

  • 26日の紙面から「アクアマリン 優雅に泳ぐ『もみじ金魚』に注目集まる」など
  • 【アーカイブ】過去の主な記事
  • いわき駅北口再開発の公聴会実施 駅直結7階建て・200床の病院建設向けて
  • 第46回市総合社会福祉大会開かれる 91人・4団体たたえる
  • 市議の期末手当10%カット 27日開会の臨時会に議案提出
  • たびとひっそり市開催 軽トラでじねんじょなど地元の農産物など販売
  • 支店・取引先で構成「東邦磐南会」総会 勿来地区を元気で活力あるまちに
  • いわきタクシーグループ タクシー・バス150台にあおり運転撲滅ステッカー
  • 小川町・母親暴行の息子送検 いわき中央署 死因との因果関係を捜査

読みもの

片隅抄片隅抄バックナンバー

先日、高校の同級生と一緒にゴルフをした。とあるコンペに参加したのだが、同級生同士で回るのは初めてだった▼風が強く、つい最近までの小春日和はどこに行ったのと思わせる寒い1日だったが、当時の思い出話に花が咲き、寒さを忘れ、とても楽しいラウンドとなった。最近の事は忘れがちなのに、高校生時代の遠い昔のことはよく覚えている。まあ、それだけ楽しく、充実していたということなのかもしれない▼そういえば、中学生の頃、早く親元を離れたい一心で、高校から家を出たいと思ったことがある。当然ながら却下されたのだが、その時「高校の時の友達は一生の友となる」と、高校3年間の重要性を諭された。そのことが今になってよくわかるようになった▼地元を離れていても、せめて盆暮に集まれる友がいれば、楽しいだけでなく、心の潤滑剤にもなる。進路には様々な選択肢があり、どれを選ぶのかは本人次第だが、友情を育む事は忘れないでほしい。

ブログパーツ
丸市屋の特選品はこちら
いわき民報モバイルサイト